ツインカジノの退会について。退会した方が良い状況とは?

 ツインカジノ公式サイト(Twin Casino)に入場するならこちらをクリック!

様々なゲームをプレイでき、時にちょっとしたお小遣い稼ぎにもなるオンラインカジノですが、なかには様々な理由で退会しなければならないこともあります。

「以前のように楽しめなくなってきた。」
「貯蓄したいから。」
「プレイが禁止されている国への移住が決まったから。」

など、様々な要因が重なってプレイを断念する人も多いことでしょう。

しかし、ここで不安になるのが、オンラインカジノからの引き留めやよくわからない催促などが来ないか、というものではないでしょうか。
また復帰の意思があるけれども、退会したら二度とオンラインカジノをプレイできなくなるかもしれない、というものでしょう。

ヨーロッパを中心に人気を誇る大手オンラインカジノの「ツインカジノ(TWINCASINO)」は退会しても大丈夫なのか、気になりますよね。最近オープンしたばかりの話題性のあるオンラインカジノですが、退会を悩んでいる、という方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、

  • ツインカジノの退会について
  • 退会しておいた方が良い状況とは

これらについて、ご紹介していきたいと思います。

きちんと辞められるという確信があってこそ、オンラインカジノでは安心して遊べるものです。

どうぞ最後までご覧ください。

ツインカジノの退会について

ツインカジノの退会については、公式のQ&Aにて以下のように記載されています。

アカウント閉鎖を希望します。どうしたらいいですか?

アカウントの閉鎖を希望する場合は、当社サポートにライブチャットでご連絡いただくか、メールアドレスsupport@reply.twin.com宛にお問い合わせください。担当者がお手続きに関して対応いたします。

ツインカジノのカスタマーサポートは日本語が対応されていますので、わざわざ英語に翻訳する必要がありません。
ただ担当者によっては、日本語が怪しかったり手間がかかってしまったりすることがあるようです。

またツインカジノのライブチャットは、対応できる時間が決まっています。

  • 平日 (日本時間 16:00~24:00)
  • 土・日 (日本時間 20:00~25:00)

以上の時間帯以外での対応は、英語の翻訳機を通して行われます。
どうしても時間外に退会したい旨を伝えるときは、あらかじめ要点をまとめた英語翻訳しておいたメモなどを準備しておくと良いかもしれません。

メールは24時間いつでも受け付けていますので、急ぎで解決したい問題がある場合は案外メールの方が良いかもしれません。
電話での対応は受け付けていませんので、気を付けておきましょう。

担当者と連絡がつき次第アカウントが凍結されますので、以降はツインカジノでゲームをプレイすることは一切できなくなります。
退会前に、アカウント内の資金残高が限りなく無くしておきましょう。アカウント凍結後は、残った資金はそのままツインカジノに没収されてしまいます。もし出金条件を満たしている資金があれば、早い段階で換金しておいた方が良いでしょう。

ツインカジノでは、辞める際にカスタマーサポートの人に理由を尋ねられるかもしれませんので、正直に辞めたい旨を話しましょう。あまりに突飛な理由などでない限りは、無理に引き止められたり詳細な理由を聞き出そうということはしないので、安心してください。その後の勧誘メールなどもありません。

ただし、ここで「ギャンブル依存症が出て、治療中だ。」などと言ってしまうと、その後もう一度遊びたいと思ってもアカウントを再開してくれない可能性がありますので注意しておきましょう。

ツインカジノでは公式にはっきりとした名言はないものの、おそらくプレイヤーの個人情報は数年ほど保存されるでしょう。他オンラインカジノも年数はそれぞれ違いますが、退会手続きが完了してアカウントが凍結されたプレイヤーについての個人情報をすぐ削除ということはないようです。

これは保存期間の間に、プレイヤーが心変わりをしてまたツインカジノをプレイしたい、という時にすぐにアカウントを復活させるためにあるようです。

退会した方が良い状況とは

辞めたくなくても、ツインカジノでは退会したほうが良い状況というものがあります。
その中でも、

  • 重複アカウントの作成
  • プレイ禁止国への転勤や移住
  • 禁止行為の抵触

というものが代表的なものとして挙げられます。

重複アカウントの作成

ツインカジノをはじめ、不正利用を防ぐためにオンラインカジノで作成できるアカウントは1つだけと決まっています。

よくやってしまいがちなのが、退会後しばらくしてからまた復帰しようとしてアカウントを重複で作成してしまうことです。それこそ二度とアカウントを復活させてもらえなくなる可能性が高くなりますので注意しましょう。
退会後に心変わりした場合は、一度運営にメールを送った方が良いでしょう。

プレイ禁止国への転勤や移住

次に海外旅行先などでうっかりプレイしてしまったり、海外への移住が決定した場合です。

ツインカジノでは、以下の国でのプレイが確認された場合即座にアカウントが凍結されてしまいます。

アメリカ合衆国(およびその従属国、軍事基地、領土(米領サモア、グアム、マーシャル諸島、北マリアナ諸島、プエルトリコ、バージン諸島を含むがこれらに限定されない)、アフガニスタン、アルジェリア、アンゴラ、アルゼンチン、アルメニア、オーストラリアおよびその従属国、オーストリア、アゼルバイジャン、バーレーン、ベラルーシ、ベルギー、ベナン、ボスニアヘルツェゴビナ、ブルガリア、ブルンジ、カンボジア、カーボベルデ、中央アフリカ、中国、コンゴ、カンボジアの一部、およびその周辺地域。カーボベルデ、中央アフリカ共和国、中国、コモロ、コンゴ民主共和国、クリミア・セヴァストポリ、クロアチア、キューバ、キプロス、チェコ、デンマークおよびその属領、ドミニカ共和国、エジプト、エリトリア、エストニア、エチオピア、フランスおよびその属領、ドイツ、ギリシャ、ギニアビサウ共和国、ハイチ、聖庁(ヴァチカン市国)、香港、ハンガリー インドネシア、イラン、イラク、イスラエル、イタリア、コートジボワール、ヨルダン、カザフスタン、ケニア、朝鮮民主主義人民共和国、クウェート、ラオス人民民主共和国、ラトビア、レバノン、リベリア、リトアニア、マレーシア、モルディブ、マリ、モルドバ共和国、モンゴル、モンテネグロ、モザンビーク、ミャンマー、オランダおよびその周辺国、ニカラグア、ナイジェリア、オマーン、パキスタン、パレスティナ国、フィリピン ポーランド、ポルトガル、カタール、ルーマニア、ロシア連邦、サンマリノ、サウジアラビア、セネガル、セルビア、シエラレオネ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、ソマリア、南スーダン、スペイン、スーダン、スイス、シリア、タンザニア、チュニジア、トルコ、トルクメニスタン、ウクライナ、アラブ首長国連邦、英国およびその周辺、ウルグアイ、ベネズエラ、ベトナム、西サハラ、イエメン、ジンバブエまたはその他制限された法地域。

残念ですが、以上の国へ渡っている場合はツインカジノをプレイすることができませんので、退会した方が良いでしょう。

禁止行為の抵触

初めてオンラインカジノをプレイする方でやってしまうかもしれないのが、ゲームプレイにおける禁止行為の抵触です。

ルーレットの赤白に全て低額でベットして、リスクを回避する。

バカラでプレイヤーとバンカーどちらにもベットする。

など、極端にリスクを避け続けるようなベットは禁止行為の一環ですので、アカウントが凍結されかねません。
もし凍結されてしまった場合は、運営に連絡を行いましょう。

まとめ

ここまで「ツインカジノの退会」についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

この記事のポイントは、

  • 退会前に出金などは済ませておく
  • 退会手続きは、ライブチャットかメールで連絡を入れる
  • プレイ禁止国や禁止行為をしてしまった場合は、運営に相談または退会する

ということでした。

ツインカジノでは退会する際に、強引な引き留めや勧誘などはありません。
そのため、安心してゲームをプレイすることができますよ。

禁止行為などをしないよう注意しつつ、ツインカジノでたくさんゲームをプレイして楽しんでくださいね。

 ツインカジノ公式サイト(Twin Casino)に入場するならこちらをクリック!

おすすめの記事